プロフィール
がくえんのもり小児歯科
がくえんのもり小児歯科
平成30年5月開院予定の「がくえんのもり小児歯科」ブログです。
女性小児歯科専門医によるこども専門の歯科医院です。
オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ

2017年11月16日

保健所で図面確認



歯科医院の設計には、いくつか決まりごとがあります。
レントゲン室がきちんと隔離されていて、既定の掲示物がされているか?
薬品棚には鍵がかかるようになっているか?など、設計図の段階から保健所に確認して頂くことが必要です。

今日、設計士さんと一緒に悩みに悩んで決めた設計図を保健所に確認していただき、
このままのプランで大丈夫ですという確認を頂くことができました。
これでまたワンステップ前に進みました。
今度は細かい内装の決定作業になります。壁紙や床など、ひとつひとつしっかり悩んでしっかり決めていきたいと思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村
syasinn  

Posted by がくえんのもり小児歯科 at 01:40開院までのみちのり

2017年11月12日

東京デンタルショー



東京デンタルショーに行ってきました。
たくさんの歯科関連業者さんの最新機種を見ることができる、歯科業界の一大イベントです。
開業準備をするにあたり、色々な業者さんの様々な機材を見せてもらう機会が増えましたが、
それでもまだ知らないものがこんなにたくさんあるのかとびっくりしました。

患者さんの予約や定期健診を管理するソフト類がとてもたくさん新規開発されているようで
これまでのように、電話で予約をとって予約ノートに記入するというやり方は、だんだん変わっていくのかもしれません。
当院でも、24時間ネット予約システムを導入する予定です。
いつでも気軽に予約を入れて頂けるように、なるべく使いやすいシステムにしたいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村
  

Posted by がくえんのもり小児歯科 at 20:45つれづれ

2017年11月11日

小児&矯正専門歯科医院見学



2か月前に都内で開院した小児と矯正の専門歯科医院に見学に行ってきました。
都内には小児専門の歯科医院がたくさんありますが、どこも色々なこだわりがあって、とても参考になります。

診療器具や治療方法だけでなく、来院した子どもがドアに手をはさまないような工夫や待合室で楽しく遊べるためのスペースなど
小児歯科ならではのポイントもたくさんあって、たくさん写真をとってきました。

がくえんのもり小児歯科の内装プランも、ほぼ概要ができあがりました。
今月中には細かいプランも決めなくてはいけないので、図面とにらめっこの毎日です。
一般歯科とはかなり違う雰囲気になっていると思いますが、
たくさんのアイデアをつめこんで
医院まるごと子どもたちのための空間になる予定ですので、
楽しみにご来院頂けるのをお待ちしています!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村
  

Posted by がくえんのもり小児歯科 at 20:02開院までのみちのり

2017年11月08日

つくば市手話奉仕員養成講座





今年の5月から、つくば市の手話奉仕員養成講座入門コースに通っています。
まだ初歩の初歩ですが、少しずつ手話を勉強中です。

講師の先生に「来年5月につくば市で小児歯科医院を開業します」とお話をしたら
つくばにも聴覚障害の子がたくさんいるので、手話ができる歯医者さんがいたらとてもいいねと言って頂いて、
もちろんまだまだ「手話ができる」には程遠い段階ですが
いつか 「手話ができる歯医者さん」になれたらいいなと思いました。

がんばろう。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村


  

Posted by がくえんのもり小児歯科 at 22:39つれづれ

2017年11月08日

医院ロゴ作成



医院ロゴを作成しています。ロゴデザインの公募をしたところ、60近い案を頂けて嬉しい悲鳴です。
かわいらしいもの、スタイリッシュなもの、色々あって迷ってしまいますが
今後ずっと医院のシンボルになるものなので、じっくり悩んで選ぼうと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村
  

Posted by がくえんのもり小児歯科 at 00:17開院までのみちのり

2017年11月05日

受付コンピューター




歯科医院開業までには、決めなくてはいけないことが山ほどあるのですが
患者さんからはあまりよくわからない部分ですが
とても重要な柱のひとつが、受付で使うコンピューターソフトです。

保健診療をする場合、
治療内容を入力すると、それを様々な保健の種類に合わせて料金に変換してくれるソフトが必要なのですが
これも、たくさんのメーカーからたくさんのソフトが販売されていて
どれを使おうか、新規開業の歯科医師はみんな悩むところです。

勤務先で使い慣れたものがいいのか
最新のサービスが追加されたものがいいのか
ソフトの使いやすさはスムーズな診療に直結しますので、自分に合った使いやすいものを選びたいと思います。

今日は、検討中のソフトの1か月お試しコースを入手したので
さっそく使ってみました。
「5歳の子が歯が痛いと来院して、治療をした場合」
とか
「12歳の子が定期健診に来院して、検査とフッ素塗布をした場合」
などなど
色々なケースを想定して入力練習。

受付で診療終了後の患者さんを長々とお待たせしてしまうことがないように
しっかり練習します!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村
  

Posted by がくえんのもり小児歯科 at 15:44開院までのみちのり

2017年11月03日

ホームページ準備



ホームページ開設の準備を始めました。
1ページずつ手作りしていますので、なかなかすぐにはできあがりませんが、
どんな歯科医院を目指しているのか
どんな治療を受けることができるのか
わかりやすく読んでいただけるようなホームページを作りたいと思います。

まずはドメインを決めました。
ホームページの住所になるものです。
「gakuennomorisyounisika」ではあまりに長すぎるので
「gakuen-kidsdental」というドメインを取得しました。

この住所で「がくえんのもり小児歯科」ホームページが公開できるように
がんばって作っていきたいと思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村
  

Posted by がくえんのもり小児歯科 at 18:03開院までのみちのり

2017年11月02日

歯科器材ショールーム




歯科医院の主役と言ったら、やはり治療イスになると思います。
たくさんのメーカーさんから、それぞれ工夫をこらしたイスが販売されていて
どこのイスを選ぶのか?が、歯科医院を開業するときのかなり大きな決断事項になります。

あちこちの小児歯科専門医院やショールームを見学させて頂いて
どのイスにしようかなとかなり悩みましたが
ようやく決定しました。
(写真はイメージですので、実際のものではありません。)

各メーカーによってそれぞれ色々な工夫や長所があるのですが
私が一番重要視したのが 子どもたちが安全であること。
治療中のお子さんだけではなく、つきそいのご兄弟が機械を触ってしまったりしないように
なるべくイスのまわりにコードや薬、歯を削る機械などを置かずに治療できるイスを選びました。

ショールームでは、実際に治療イスに座らせてもらって
治療時の動作をスムーズにするには、周りにどのくらいの空間が必要か
どんな風にイスを設置したら、つきそいのママやアシスタントの場所が確保できるか
などなど
設計士さんや業者の方などみんなで頭をつきあわせて考えてきました。

治療イスが決まると、急にイメージが具体的になってきます。
かなり悩んで悩んで決めた歯科医院の主役ですので
子どもたちのために大活躍してくれたらいいなと思います。

さて 何色にしようかな。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村
  

Posted by がくえんのもり小児歯科 at 11:18開院までのみちのり

2017年10月31日

信号機設置決定




つくば情報の人気ブログ「研究学園の生活」様の記事で
学園の森に信号機が増設されると紹介されていました。

「がくえんのもり小児歯科」は、来春開校する「学園の森義務教育学校」の葛城西線をはさんで向かいの建物になるのですが
付近に信号機がないため、交通量の多い葛城西線を、車の隙をみて急いで渡っている人がたくさんいて
いつも 危ないなあと思っていました。

開校までに葛城西線に信号機ができれば、小学校への行き帰りに信号機のある交差点を渡ることができて
とても安心です。
学園の森周辺は、来春から子育て世代を中心とした新しい街として発展していくと思いますので
今後も子どもたちが安全に生活できるような設備が整っていくことを期待しています。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村


  

Posted by がくえんのもり小児歯科 at 23:30学園の森周辺の様子

2017年10月30日

入り口ドア




開院予定のテナント入口のドアは、現在くもりガラスになっていますが、
透明なガラス戸に変更できますという連絡を頂きました。

設計士さんに相談してみると
部屋の奥まで光を届けたい場合は、透明なガラスよりも
屈折した光が遠くまで届くので、むしろくもりガラスのほうがよいそうです。

でも、外から中の様子がわからないくもりガラスよりは
「どんな歯科医院なのかな」と様子が見えるほうが入りやすいと思うので
透明ガラスドアに変更してもらうことにしました。

もちろん完全に透明で丸見え!というのも中にいる人が落ち着けないので
カッティングシートなどを使って
「中の様子がなんとなーくわかる」くらいのドアにしたいと思います。

街を歩いていて 素敵な雰囲気のドアや看板を見ると
こんな感じもいいかなと ついつい写真をたくさんとってしまいます。

たかがドア されどドア
子どもたちやママが
気軽に安心して入ってきてもらえるような かわいいドアになるといいな。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村



  

Posted by がくえんのもり小児歯科 at 22:31開院までのみちのり